グローバル・コンパクト研究センターロゴ ごあいさつ GC基本文書 研究員一覧 English

HOME
研究計画
研究・調査活動
研究成果
リンク

Quarterly Report
HOME < 研究成果 < マンスリー・ブルテン 2013年08月号

国連グローバル・コンパクト ブルテン


【2013年8月号(8月11日発行)】
*原文(英語版)はこちら

■INDEX
■最新情報
1.NYSEユーロネクストが国連の「持続可能な証券取引所イニシアチブ」に参加
2.中国企業経営トップが気候変動への取り組みに参加
3.グローバル・コンパクトがガーディアン・サステナブル・ビジネスとパートナシップを確立
4.参加状況:新規署名企業・団体、COP、除名
■エンゲージメントの機会
1.「持続可能な農業ビジネス原則」に関する意見の提供
2.「企業の水問題への取り組み開示(water disclosure)原則」に関する意見の提供
3.「女性の経済的エンパワメントのためのナレッジ・ゲートウェイ」への貢献
4.更なる機会:Caring for Climateへの参加など
■注目の出版物
1.『紛争影響地域およびハイリスク地域における責任あるビジネスに関するガイダンス』
2.『人権とビジネスに関するジレンマ・フォーラム』
■イベントへの招待やウェビナー(インターネット上で行われるミーティング)
1.国連グローバル・コンパクト・リーダーズサミット2013(9月19−20日、ニューヨーク)
2.次回ウェビナー(2013年9月)
参加企業のためのグローバル・コンパクトのイントロダクション(9月10日)
参加企業のためのCOP(コミュニケーション・オン・プログレス(9月11日)

■最新情報
1.NYSEユーロネクストが国連の「持続可能な証券取引所イニシアチブ」に参加
ニューヨーク株式取引所の親会社であるNYSEユーロネクストは、7月24日、持続可能な資本市場を促進するため、国連の「持続可能な証券取引所(SSE)イニシアチブ」に参加することを発表しました。国連事務総長パン・ギムンは、NYSEの「クロージング・ベル(株式取引の終了を知らせるベル)」を鳴らし、この機会を祝うとともに、企業活動を向上させ、持続可能な証券取引を促進しようとコミットメントするNYSEを称えました。
*「持続可能な証券取引所イニシアチブ」のウェブサイトはこちら

2.中国企業経営トップが気候変動への取り組みに参加
中国ビジネスの指導者らは、7月29−31日に北京で開催された「気候変動に関する中国サミット」において、気候変動に取り組み、低炭素開発を促進することを宣言しました。グローバル・コンパクト中国ネットワークが主催し、中国企業連合会グローバル・コンパクト促進事務局が運営した会議では、企業の上級管理職や最高経営責任者、国連代表者および中国政府関係者が集まりました。サミットでは、中国ビジネス界を牽引する代表者が、企業は「気候変動に取り組み、公害と廃棄物の削減を行うべき」であるとのステイトメントを発表し、中国企業のための7つの行動分野を提案しました。

3.グローバル・コンパクトがガーディアン・サステナブル・ビジネスとパートナシップを確立
「リーダーズサミット」を直前に、グローバル・コンパクトはガーディアン・サステナブル・ビジネス(GSB)と協力することになりました。この連携には、GSB米国版の公式発足パートナーとして役割を果たすことが含まれています。GSBはリーダーズサミットの特設ページを設け、ゲオルグ・ケルUNGC事務所長、基調講演者や専門家によるコンテンツを中心に据えながら、GSBの編集チームによる独自のレポートを行います。
*英国ガーディアン紙GSBウェブのリーダーズサミット特設ページはこちら

4.グローバル・コンパクトは2013年上半期で99企業を除名
グローバル・コンパクトの7月1日の発表によると、2013年上半期において、少なくとも2年間連続でCOP(コミュニケーション・オン・プログレス)を提出していないことを理由に、99企業が除名されました。これら除名企業は2013年上半期にCOPの提出期限を迎えた3,288企業のうち3%を占めています。なお、今年度グローバル・コンパクトに新たに参加した企業の割合は、除名される割合に比べ6倍多くなっています。
*除名された企業のリスト(英語)はこちら

5.参加状況:新規署名企業・団体、COP、除名
7月に148企業と61団体がグローバル・コンパクトに参加し、13企業がCOP未提出のため除名されました。今月参加した大企業(雇用者数の多い企業順)として、ジョンソン・アンド・ジョンソン(米国)、中国有色鉱業集団(中国)、サンドビック(スウェーデン)、LIXILグループ(日本)、アラウコ(Celulosa Arauco y Constitucion)(チリ)、東京エレクトロン(日本)、中国航空油料集団(中国), CWS-boco International(ドイツ), アスペン・ファーマケア・ホールディングス(南アフリカ) および Gente Oportuna (コロンビア)などがあります。
7月31日現在 参加企業:7,644
参加団体:3984 *団体:企業以外の組織(NGO、大学、企業団体など)
COP提出数:21,512
除名企業数:4,173

■エンゲージメントの機会
1.持続可能な農業ビジネス原則に関する意見の提供
持続可能な農業ビジネス原則の策定を目指した「白書」に関するフィードバックの提供にご協力ください。持続可能な農業ビジネス原則によって目指すべき成果(例えば、目標を達成するにあたっての鍵となる要素や必要な行動など)に関する具体的な意見を期待しています。
*「協議のための質問票(英語)」に記入しご意見をお願いします。詳細はgardaz@un.orgまで。

2.「企業の水問題への取り組み開示(water disclosure)ガイドライン」に関する意見の提供
CEO水マンデートの「企業の水問題への取り組み開示ガイドライン」の公開草案は、企業による水情報の開示に関する初めてで共通のアプローチを提供しています。ガイドラインは実際に活用してみるとどうか、実効性を一層高めるためにどの分野に修正が必要かについてオンライン調査を行っています。
*「オンライン調査(英語)」に記入しガイドラインへのフィードバックをお願いします。詳細はpschulte@pacinst.orgまで。

3.「女性の経済的エンパワメントのためのナレッジ・ゲートウェイ」への貢献
「女性の経済的エンパワメントのためのナレッジ・ゲートウェイ」は、知識を共有し、イノベーションを生み出すためのグローバルに連携していくプラットフォームで、カナダ政府の支援のもと、UNウィメンによって推進されてきました。ゲートウェイは、政府、企業、市民社会、および国際機関によるマルチ・ステークホルダー・グループを形成し、知識、議論、ネットワーキングおよび学習の機会をもたらし、女性の経済的エンパワメントという課題を支援してきました。
*国連グローバル・コンパクト参加企業・団体は、ナレッジ・ゲートウェイに是非参加し、ツールやリソースへの貢献や議論のためのトピックの提案をお願いします。詳細はこちらまで。

4.更なる機会:Caring for Climateへの参加など
過去のブルテンで紹介したもので現在も行われているエンゲージメントの機会はこちら
■注目の出版物
1.『紛争影響地域およびハイリスク地域における責任あるビジネスに関するガイダンス』
紛争影響地域およびハイリスク地域で、国連グローバル・コンパクト10原則と合致した、責任ある企業活動を行うよう支援することを目的としています。企業と投資家が難しい事業環境において、何が「責任ある企業活動」なのかについて、建設的な対話を行うために共に考慮すべきポイントを提供するものとなっています。
*ダウンロード(英語中国語スペイン語)

2.『人権とビジネスに関するジレンマ・フォーラム』
多様なステークホルダーが参加するネットワーク上のプラットフォームであり、企業は新興国での人権に関するジレンマと好実践について提案、開発、議論することができます。(国連グローバル・コンパクト/Maplecroft/GE基金の共催です)
*プラットフォームへのアクセスはこちら

グローバル・コンパクトによって発行された出版物は「ツールおよびリソース」のページから。

■イベントへの招待とウェビナー
1.国連グローバル・コンパクト・リーダーズサミット2013(9月19−20日@New York)
【招待者のみ参加可】
3年毎に開催されるリーダーズサミットは、国連とビジネスに関する最上級レベルのイベントです。企業の最高責任者が市民社会、政府、および国連の指導者とともに参加します。国連事務総長パン・ギムンが主催するリーダーズサミット「より良い世界の構築」は、企業のサステナビリティのために地球規模で新たに築かれようとしているものを、国連の掲げる不断で普遍的な価値と結び付けることになります。ミレニアム開発目標の2015年達成期限が近づくなか、サミットでは、企業が「ポスト2015」の開発課題を形作り、前進させる場を設けており、企業が前例のないレベルでグローバルな優先課題に貢献するための枠組みを前進しようとするものです。
*リーダーズサミットに関する情報や参加登録についてはウェブサイトか、 こちらまで。

2.次回ウェビナー
参加企業のためのグローバル・コンパクトのイントロダクション (9月10日)
参加企業のためのCOP(コミュニケーション・オン・プログレス)(9月11日)

■イベント・カレンダー
9月
CEO水マンデート:世界水週間でのマルチステークホルダー会議(9月4日、ストックホルム)
参加企業のためのグローバル・コンパクsトのイントロダクション(9月10日、オンライン)
参加企業のためのCOP(9月11日、オンライン)
国連グローバル・コンパクト・リーダーズサミット2013(9月19-20日、ニューヨーク)
2013PRMEサミット(9月25-27日、ブレッド)

11月
第3回PRME 中東・北アフリカ地域フォーラム(11月9−11日、ドバイ)
第4回PRMEアジアフォーラム(11月14-15日、マニラ)
Caring for climate ビジネスフォーラム:革新、大志、協力(11月19-20日、ワルシャワ)
第3回PRMEオーストラリア地域フォーラム(11月19-20日、ハミルトン)

▲上記イベントの詳細についてはウェブの「イベント・カレンダー」から。



COPYRIGHT © 2008-2016,Global Compact Research Center.All Rights Reserved